顔のシミの対策情報

 

ここでは顔のシミに関する対策にまつわることを書いていきたいと思います。

 

顔のシミが気になる方は確認しておきましょう。

 

顔のシミ対策で人気のコスメはこちら

 

 

顔のシミの対策に関する情報サイト 目次

 

顔のシミの主な原因

顔にシミができる原因としては、加齢やストレス、ホルモンバランスの異常など様々な原因が考えられます。なかでも、主な原因とされているのが、紫外線です。

 

紫外線を浴びることにより、肌にメラニン色素が生成されます。メラニン色素には、肌を紫外線の炎症から守るというプラスの働きもする色素ですが、過剰に生成されると、シミとなって肌に残ってしまいます。

 

夏の強い陽射しを直接浴びてしまったり、日焼け前や日焼け後のスキンケアを怠ってしまったりすると、メラニン色素が過剰となり、シミができやすくなります。
体の他の部位よりも、顔にシミができやすいのは、顔は紫外線にさらされやすい部位だということが関係しています。UV対策用の日焼け止めクリームを塗ったり、日傘をさしたりすることで、対策は取れますが、想像以上に紫外線を浴びている顔に気づかない間にシミが生じてしまうということがよく見受けられます。

 

メラニン色素が生成されても、肌のターンオーバーサイクルが正常化していれば、シミにならずに、白い肌を保てます。生活習慣の乱れやストレスによって、ターンオーバーサイクルが乱れてしまうと、過剰なメラニン色素を取り除くことができず、顔にシミが生じやすくなります。

 

顔のシミの主な対策方法

顔にできたシミ。あるとないとでは見た目の印象がかなり違ってきてしまいますよね。
たとえ1つでも頬にポツンとシミがあると、それだけで老けた印象を与えてしまいます。
そんな気になる顔のシミ、何か効果的な対策はないのでしょうか?

 

まず、顔のシミの対策をとる際に押さえておきたいポイントがあります。
それは、シミの種類をきちんと把握するということです。どんな種類のシミなのかがわかれば、それに適した対策が取れるというわけです。
まずは紫外線によるもの。紫外線を受けることでメラニン色素がつくられ、それがお肌に残り色素沈着してしまったものです。

 

本来お肌のターンオーバーのサイクルがきちんとしていればメラニン色素も排出されるはずなのですが、過度な紫外線を受けたり、何らかの条件でターンオーバーが乱れていると排出されずに残り、シミとして残ってしまうのです。
なので、こういったシミの対策としては、お肌の新陳代謝を活発にするためには規則正しい生活、睡眠をたっぷりととる、栄養バランスの取れた食事など、普段の生活習慣を見直すことがとても大事です。

 

また、頬や口周りなどに左右対称にもやっとした感じで出来るシミは、「肝斑(かんぱん)」と呼ばれます。
肝斑の原因としては、妊娠など女性ホルモンと大きな関わりがあるとされています。
肝斑を治すにはトラネキサム酸の配合された薬を飲むのが効果的だと言われています。ドラッグストアなどでも市販されていますが、皮膚科で医者に相談して薬を処方してもらうほうがより安心ですね。

 

また、ストレスの多い生活をしていると活性酸素が増え、シミの原因になってしまうこともあります。
普段からストレス解消法を見つけるなどの心がけも、シミの対策として有効ですよ。

 

顔のシミに良い洗顔方法

 

顔のシミが気になる場合は、化粧水や乳液でのスキンケアのみならず、洗顔にも配慮することで、効果的にシミ対策ができます。
まずは、洗顔フォーム、洗顔石鹸に含まれる有効成分に着目して賢く選ぶことが大切です。

 

シミの原因となるメラニン色素の生成を妨げる働きを持つカミツレエキスやトラネキサム酸を配合した洗顔料は、シミ対策の強い味方となってくれます。
また、チロシナーゼの働きを妨げる作用を持つアルブチンやプラセンタエキスの配合された洗顔料もおすすめです。

 

シミ対策に効果的な洗顔料をきめ細かく泡立てて、たっぷりの泡で優しく包み込むように洗顔をすることを心掛けると、肌に負担を掛けずにうまくシミ対策ができます。肌のこすり過ぎや、洗顔料の使い過ぎは、シミをはじめとする肌トラブルの原因ともなってしまうため、優しく洗う習慣をつけることが大切です。

 

洗浄効果の高い洗顔ブラシも、肌へのダメージが大きいため、敏感肌の人などは特に注意して使用する必要があります。
また、洗顔時には水、湯の温度にも気を配るのがポイントです。温度が高いと、肌の必要な油分や水分まで奪われてしまい、肌のターンオーバーが乱れて、シミができやすくなってしまいます。

 

有効成分の配合された洗顔料を使い、肌に負担を掛けない方法で洗顔することで、日常的にシミ対策ができます。

顔のシミに良い栄養素とは?

 

顔のシミ対策には、ビタミン類の十分な摂取が不可欠です。
ビタミンの中でも特に美肌作りに役立つことで知られるビタミンCは、できてしまったシミや色素沈着を薄くしたい時に役立ちます。ビタミンCは、水溶性で数時間経つと排出されるため、こまめに摂取することが大切です。

 

食事で野菜類をしっかり食べるほか、間食でいちごやみかんなどの果物を食べたり、サプリメントを摂取したり、と摂取量を増やす工夫が必要です。

 

肌状態の安定に役立つビタミンAは、シミ予防のためにも積極的に取りたい栄養素です。ビタミンAには、メラニン色素の沈着を妨げる働きがあり、肌をシミの生じにくい状態へと導いてくれます。

 

人参やかぼちゃといった緑黄色野菜のほか、牛乳などにもビタミンAが含まれています。
また、肌のターンオーバーを正常化し、シミなどの肌トラブルを防ぐ上で欠かせない栄養素が、ビタミンB群です。皮膚粘膜の抵抗力を保つのに役立つのがビタミンB2やビタミンB6です。

 

ビタミンB2は卵や乳製品、ビタミンB6は赤身の肉類や青魚などに豊富に含まれています。
肌のコンディションを整えるのに役立つ栄養素をバランス良く摂取することで、食生活を通してシミ対策ができます。

 

 

顔のシミ対策で人気のコスメはこちら

 

シミについて詳しいサイト